雛から育てるきなこの成長記録。

オカメインコ オレンジチークのきなこちゃん

きなこ日記

事後報告になりますが、キンカチョウを保護しました。【きなこ日記】

投稿日:

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

2021年01月02日

家族とあるショッピングモールで、

お買い物をしていたのですが・・・

 

なんと、

小さな小鳥がアパレルショップに飛び込んできたのです。

 

もう、ビックリ!

でも、初めに発見したのはきなこのお母さんでした。

何でも、赤いくちばしの小さな小鳥が

目の前を横切って行ったのだとか・・・

『身体の色は!?』

『カラフルに見えた・・・』

 

その知らせを聞いた、きなこのお父さんは、

一気にボルテージが上がりました。

 

『こんなところに鳥が・・・』

しかも、間違いなく、

その特徴から、フィンチ系かな??と思った。

 

周辺は慌ただしくなり・・・

お店の人は虫を捕まえる網を持ち出すし、

わたしは店中を見渡しますが発見できません。

 

数十分、経過しただろうか?

網を持った、アパレル店員さんが、

お店のエントランス脇の窓を開けているではないか?

 

ムムッ👀

赤いくちばしをした身体が小さい小鳥が、、

確かに窓枠に止まっている。

『キンカチョウだ!』

アパレル店員は小鳥を網で外に追いやります。

 

あっ、落ちた!

小鳥は、力なくお店の外に落下しました。

相当、弱っている・・・

なにがなんでもこの子を助けねば!!!!

お父さんの闘志に火が付きます🌋🌋🌋

保護しようと手を差し伸べるも・・・

小鳥は高く飛んで逃げます。

ああああっ、逃げられた。

一瞬、諦めかけるも・・・

小鳥は2階のテラスに着陸。

うおおおおお、まだ保護できるかも?

必死に走ってエスカレーターで2階へ。

 

そこには珍しい色をした小鳥がいると、

スマホを向けて写真を撮る家族の姿があった。

『かくかく、しかじかで・・・』

その家族に簡単に経緯を話しながら、

小鳥から目を離さずに保護に努めます。

 

すっかり弱り果てた小鳥。

しかしこのモールは屋外。

天を見上げると青空が広がります。

 

しかし、必ず捕まえられる。

根拠のない自信だけはあった。

そして、じっくりとその子の姿を観察。

その時、間違いなくキンカチョウである!と確信した。

 

のんきに逃げるキンカチョウと

約20~30分格闘しただろうか?

 

長期戦に突入します。

こうなれば、もっとも捕獲しやすいゾーンに

逃げ込むまで見守ります。

 

キンカチョウは2階から1階に飛んで行きます。

体力が限界なのか?

キンカチョウは地面に落下した瞬間が来た!

よし、いまだ!

 

被っていたハンチング帽で

バサッ!

14時15分。被疑者、捕獲。

 

その後、拍手が起きたそうです。

ギャラリーは50、100人近くが

見守っていたそうです。

必死だったので周りの状況などまったく見えていなく、

わたしには家族しか視野にいませんでした。

 

その保護したキンカチョウの身体は小さくて、

ほぼスズメと同じぐらいの感触です。

 

これで助かる!

手と手を太陽の光を包む込むように優しく合わせます。

わたしの手はその子の温もりで暖かい。

 

先ほど、2階のテラスでキンカチョウの写真を撮っていた

ご家族がわたしの元に歩み寄ってきました。

『ありがとうございました!』

キンカチョウを保護したことに感謝の言葉を頂きました。

たくさんの人に安否を心配されてキンカチョウ。

 

平均体温が40℃以上もある鳥類。

鳥の場合、体調を疑う時は、

とにかく保温。

手に汗をかきながら、必死に温めました。

そして、ようやく家路に着きました。

目的の買い物もできすに

 

 

 

-きなこ日記

Copyright© オカメインコ オレンジチークのきなこちゃん , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。