インコの育て方をHOW TO BIRDします

オカメインコ オレンジチークのきなこちゃん【きなこのお父さんのHOW TO BIRD】

きなこ日記【きなこのお父さんのHOW TO BIRD】

インコの呼び鳴き★人が離れると大声で鳴き叫びます。【きなこ日記】

更新日:

インコの呼び鳴き★人が離れると大声で鳴き叫びます。

きなこと暮らすようになって、

3カ月半が過ぎました。

 

こんにちはきなこのお父さんです。

人間の感覚とは曖昧なもので、

きなこと半年以上、

一緒に暮らしているように感じます。

 

お母さんは2年ぐらいの感覚だと、

横で言っています。

それだけ中身が濃く、充実しているのでしょうね。

『ピーッ』と鳴けば、

大体のきなこの要求が理解できるようになってきました。

 

鳴き声のトーンや仕草で、

この鳴き声は何かを訴えかけている声なのか?

判断がつくようになるのです。

普段に出す地声。

お腹が空いてご飯が食べたい時の鳴き声。

のどか乾いてお水が欲しい時の鳴き声。

何かに驚いた時にあげる鳴き声。

そして、人がいなくなった時の鳴き声。

それぞれ微妙にトーンが違うのです。

自然界に生息するオカメインコさんは、

群れで生活をしています。

インコさんはわたしたちの事を、

仲間だと思っています。

 

だから、人がそばから離れると、

その群れの仲間を探すのです。

『ピーッ!!』

『お母さん、どこ、行ったの・・・』

と呼び鳴きをします。

 

あなたが無意識のうちに、

オカメインコさんを部屋に一人きりすると

『ピーッ!!』と呼び鳴きする声がする。

 

トイレに立てば、『ピーッ!!』

 

玄関を開けた瞬間、『ピーッ』と呼び鳴き。

そう言えば・・・と、

あなたにも心当たりがあると思います。

 

オカメインコさんは賢いので、

人が出掛ける気配を察知した時には、

ソワソワします。

 

わかるんです。

きなこには予知能力があるようです。

 

お母さんが出掛ける準備をしだすと、

気配でわかるみたいです。

もちろん、わたしが出掛ける時も同じです。

だだし、家に誰かいれば、呼び鳴きはしません。

 

呼び鳴きをさせたくない。

特に、集合住宅で暮らしている方は、

そんな悩みがあるとよく耳にします。

 

呼び鳴きに全て反応していると、

オカメインコさんは呼び鳴きをすれば、

人は応えてくれると認識します。

 

『ピーッ』なんて、

甘えた声で呼び鳴きされると、

ついつい、『どうしたの~』と言いたくないいます。

 

しかし、ここはグッと堪えます。

オカメインコさんと24時間、

常に一緒にいる訳にはいきません。

 

他にも呼び鳴きがうるさいなる原因はありますが、

何でもかんでも応答すれば、

呼び鳴きのうるさい子になる可能性は高まると言えるのです。

オカメインコさんの呼び鳴きを、

無視するのはとても心苦しいのですが、

意外とオカメインコさんは学習します。

 

オカメインコさんも、

ずっーと鳴いている訳ではありません。

 

呼んでも何も返答がなければすぐに諦めます。

オカメインコさんが、

いつまでも呼び鳴きをする事はありません。

 

それでも鳴くようならば、

それはもしかすると、

何かを求めている事が多いです。

『お腹空いたよ~』

『喉が乾いたよ~』

『ねえ、遊ぼう!!』

ある程度、鳴き声を理解できるようになると、

より一層と可愛くなります。

 

インコさんと人間は

言葉を交わせなくても会話は成立するのです。

あなたの言葉に、

首をかしげて聞き耳を立てている時は、

あなたが何を言っているのか、

理解しようと聞いているのです。

 

 

インコさんは本気で、

あなたの言葉を理解しようとしています。

目と目と合わせて、

何を訴えているのか感じ取れば、

お互いの距離が益々、縮まります。

 

会話ができるようになってくると、

かわいくてかわいくてたまらないですよね。

 

一日のうちで、きなこが気持ち良さそうに地声で、

元気よく鳴くと安心します。

『おお、今日もきなこはお元気だね~』

と声掛けをします。

 

きなこの健康が何よりの願いです。

 

呼び鳴きは完全になくすことはできませんが、

幾らか軽減させる事は可能です。

あなたの努力次第でなんとかなるものです。

努力といってもそんなに難しい事をやるのではありません。

出掛けて家を留守にするときは、

『きなこ、行ってくるね~』

 

帰宅したら、『ただいま、きなこ~』

と必ず声掛けをしています。

最低限これぐらいやるべきかなと・・・

 

オカメインコさんだって、

あなたが留守の間、

ずっーと鳴いていたら疲れてしまいます。

 

あなたが、『行ってきます。』

『ただいま。』を普通に伝えてあげれば、

出掛けた事くらいは理解できます。

それに、我が家では、

朝、出掛ける前、必ず放鳥しています。

10分でも20分でもいいです。

放鳥して全力で受け止めてあげています。

オカメインコさんはかまってあげれば満足します。

だから、いまのところ、

きなこは激しく呼び鳴きをする子ではありません。

 

これからきなこにはスクスクと育って欲しい。

のびのびと育って欲しい。

毎日、元気に遊んで欲しいのです。

 

本気でそう、願っています。

続く。

 

呼び鳴きの動画を撮りました。

この動画呼び鳴きというよりは求め鳴きですね。

 

-きなこ日記【きなこのお父さんのHOW TO BIRD】
-, , ,

Copyright© オカメインコ オレンジチークのきなこちゃん【きなこのお父さんのHOW TO BIRD】 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。