インコの育て方をHOW TO BIRDします

オカメインコ オレンジチークのきなこちゃん【きなこのお父さんのHOW TO BIRD】

副鼻腔炎闘病記まとめ

副鼻腔炎発症から3年~切開手術 術後の経過報告

投稿日:

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

 

2023年12月中旬に

お父さんの愛娘オカメインコのきなこちゃんが

切開手術をしました。

 

無事、手術は成功しました。

今回は術後の報告をします。

こんにちはきなこのお父さんです。

手術の経緯については、

こちらの日記をご覧ください。

↓ ↓ ↓

副鼻腔炎発症から3年 ~目の上の切開手術をします。

 

 

目の上の切開手術から8週間が経過しました。

 

目の上を切る手術。

しかも全身麻酔をする。

万が一、きなこに何かあったらどうしよう・・・・

最初は少し悩みました。

 

片目はほぼ塞がり見えない状態です。

もう片方は、目ヤニが酷くて

目がほんの少しだけ開いている状態でした。

 

歩くのもままならない状態で、

目の前にあるエサも手繰りで探します。

 

あとは決断するか、しないか。

結果・・・

 

本当に手術をして良かったです。

心からそう思います。

現在、きなこは家中を歩き回っています。

とても視界が良好です。

まぶたもしっかりと開いています。

 

目ヤニに関しては、

涙の量は変わらないのですが、

しっかりと目が開いているから

まぶたが閉じる事はありません。

 

一日、1回、目薬を差す事は持続したいます。

 

実際、きなこが元気を取り戻したその姿を

YOU TUBEをご覧になって頂きたいです。

↓ ↓ ↓

 

 

 

子供の頃、(※お父さんは1969年生まれ)

もしもインコが病気になったら、

打つ手がないと考えられていた時代です。

 

 

インコが全身麻酔をして手術をする。

これは鳥類医学の進歩ですね。

 

同じ副鼻腔炎でお悩みの飼い鳥さんへ

役立てる情報として・・・

 

 

今後のきなこの様子を

情報発信していきます。

これからも応援よろしくお願いします。

created by Rinker
ナカジマコーポレーション(Nakajima Corporation)
¥1,320 (2024/06/21 15:42:36時点 Amazon調べ-詳細)

 

-副鼻腔炎闘病記まとめ
-, , , , , ,

Copyright© オカメインコ オレンジチークのきなこちゃん【きなこのお父さんのHOW TO BIRD】 , 2024 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。