インコの育て方をHOW TO BIRDします

オカメインコ オレンジチークのきなこちゃん【きなこのお父さんのHOW TO BIRD】

きなこ日記【きなこのお父さんのHOW TO BIRD】

子育て上手はベタ慣れインコを育てます。-インコを伸ばす親、潰す親-【きなこ日記】

更新日:

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

created by Rinker
Wild Republic(ワイルド リパブリック)
¥5,003 (2022/10/01 04:35:00時点 Amazon調べ-詳細)
あなたは子育て真っ最中ですか?

それともすでに孫、ひ孫がいる。


或いは、まだ未婚だったり、

夫婦だけで幸せだったりと

それぞれのご家庭に、

それぞれのスタイルがあるかと思います。


きなこのお父さんは沢山の子宝に恵まれました。

  


こんにちはきなこのお父さんです。 


インコやオウムは永遠の2歳児です。 

人間に例えるなら、

インコやオウムは2歳児以上の知能を持っています。 


子供騙しとまでは言いませんが・・・ 

子供が小学校低学年ぐらいのうちは、ま

だまだエサで釣るなんて事も有効だったりしますよね?

  

うちの子がまだ幼かった頃は、

何か買ってあげるから、一緒に出掛けようか❣️ 

なんて言えば、喜んで着いて来た時期もありました。 


しかし思春期を迎えれば、

少しずつ親の元を離れて行くものです。 

んーっ、さびしいですね❣️ 

  

これを・・・ 

幼児を鳥類に置き換えて考えると、

ベタ慣れインコにするには、 

子育てと同じだと思えば、

難しいようで意外とシンプルに考えられると思うのです。 


 インコを育てるのは子育てと同じである。  

半世紀に渡り、インコ生活を送ってきて思うのが、 

インコやオウムを育てるのは

子育てとまったく同じという事実。 


そして、インコやオウムは成長もしますが、 

心は、幾つになっても

永遠の2歳児のままだという点に尽きるのです。


つまり・・・


  

いつまでも子供騙しが効くのです。 

『きなこーっ、オヤツ食べよっか❓』

 『ピーッ❤️』なんてね。 


しかし、時には、

オヤツ食べよっかと言っても子供騙しが

効かない時もあります。 

やはり・・・

インコは賢いなと感じる瞬間でもあります。


  

幼ない子がオモチャ屋さんで、

『買って!買って!!』とか、

公園の砂場で『まだ、遊びたい~』と

駄々を捏ねたりとか・・・ 

振り返ってみると場面、場面で、

その子の個性に合った切り返しを

親はしてきたはずなのです。

  


  ・子育て上手はベタ慣れインコを育てる。 

子育ては人間的成長に繋がると言われます。 

親は子供と共に成長、

そして日々、進化してきたのです。 


そんな、子育て上手な飼い主さんであれば、

この場面ではこう切り返すと

自然に身についているはずです。 


しかし、子育てをした事がない飼い主さんでも大丈夫!! 

愛鳥を我が子のように愛せる人は、

インコを育てるのが上手です。 


そんな方が子育てをされたら、

きっと子は素直な子に成長すると思います❣️ 

愛鳥を思い親身になってインコを育てる。 

そして、ベタ慣れインコにする。 

難しいようで実にシンプルです。 

 


・インコは褒めて伸びる動物です。 

たくさん愛鳥を褒めて下さい。 

どんな小さな事でも褒められば嬉しい。 

そして短所を責めない。 

インコは褒めて伸びる動物です。 

子育ては短所を矯正しがちですが

短所は長所裏返しです。 



インコの長所を伸ばして育てる。 

得意な事ができたら、

その瞬間に褒めるのです。 


褒めるは子の自信へと繋がります。 

それが親の務めなのです。 

否定されて育ったインコは幸せはなりません。 

 

インコやオウムはどうやって育てるの❓ 

なんて難しく考えずに、

愛鳥の幸せを考えて育てるだけで、 

あなたは立派な親、いや親鳥になれるのです。 

たかが動物などと考えずに、

どうか子育てするんだと思って、 

愛鳥と真剣に向き合ってみて下さい。 

必ず活路が見出せると思います❣️ 

  


以上、子育て上手はベタ慣れインコを育てます。  

インコを伸ばす親、潰す親。でした。 

今回のテーマで動画も作りました。

 

-きなこ日記【きなこのお父さんのHOW TO BIRD】
-, , ,

Copyright© オカメインコ オレンジチークのきなこちゃん【きなこのお父さんのHOW TO BIRD】 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。