インコの育て方をHOW TO BIRDします

オカメインコ オレンジチークのきなこちゃん【きなこのお父さんのHOW TO BIRD】

きなこ日記【きなこのお父さんのHOW TO BIRD】

一発でオカメインコのオスメスを見分ける❗️【きなこ日記】

更新日:

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

あなたはオカメインコの雄と雌の違いがわかりますか?
インコという動物は雄♂(オス)と雌♀(メス)ではそれぞれの個性が顕著に現れます。


しかし、鳥類は、哺乳類とは違い身体的な特徴がないので見た目で判断するのはとても難しいです。

特に生後まもなくはDNA鑑定をしない限り雄か雌かの判断は難しいです。
※羽や血液を採取して鑑定します。




こんにちは、きなこのお父さんです。

見た目に判断しにくい鳥類。そして、オカメインコ。

うちのきなこはオカメインコ(雌2歳半)です。


ホワイトボディーに、まんまるオレンジチークがチャームポイント。

頭の上には黄色冠羽が感情の起伏を表します。

おハゲも魅力なルチノー種となります。





・オカメインコの雄の特徴。

比較的、よくしゃべり、モノマネが得意な傾向にあります。

ボディランゲ―ジも豊かで、いかり肩で、周りの様子をパトロールします。

一方で極度の寂しがり屋さんが多いのも男の子の特徴です。

呼び鳴きがうるさい過ぎるのは、大概、男子という傾向もあります。


男の子はおしゃべりする子が多い。

これは、鳥類の世界では、発情期になると求愛する時にさえずりをするからです。

だから、比較的、男の子のほうが、言葉を覚えるのが得意なのです。


そして、女子よりも縄張り意識が強く、攻撃的になる事もあります。

人間の場合も男性に多く見られる傾向ですよね。


しかし、オカメは他の鳥類と比べて温和な個体は多いです。



・オカメインコの雌の特徴。

雌の特徴は、鳴き方がソフトで優しかったりします。

比較的、どんと構えたマッチョなハートの個体が多いようです。


母なる雌はイザと言う時に強い。

堂々として肝が座っています。

なんだかこれも人間に似ていますね。


発情期は良く鳴きますが、普段は意外と大人しかったりもします。


女の子には一人で完結させて、一人で遊ぶのが上手な子も多いです。

楽天的な性格をしているんですね。


オカメインコは臆病な動物ですが、男子のほうが女の子よりもビビりなのようです。



さて、仕草の観点から特徴をピックアップしてみましたが、

実は、オスメスの違いは一発で見抜けます。


それは、尾羽や風切羽を見れば、一目瞭然だったのです。



・一発でオスメスを見極める。


一発で雄、雌を見分ける事ができます。

雌は成鳥になにつれて、尾羽に縞模様がハッキリと出ます。

逆に男の子は縞模様がなくなります。





・オカメインコのオスメスの違い。


最後に・・・

オカメインコは性別に関係なく温和で穏やかな性格をしています。

共通して甘えん坊でビビりな感じ。



女の子はお留守番もへいちゃらだったり比較的マイペースな感じです。


一方の男の子は破天荒な性格の子も多く、エンターテイナーな性格な子が多いです。



歌マネ、おしゃべりは男子が上手で、女の子でも電子レンジなど音マネができる子が多いです。



以上、一発でオカメインコのオスメスを見分ける❗️をお送りしました。

さて、お宅のオカメインコは男の子かな、それとも女の子かな?


今回のテーマで動画も作りました。

-きなこ日記【きなこのお父さんのHOW TO BIRD】
-, ,

Copyright© オカメインコ オレンジチークのきなこちゃん【きなこのお父さんのHOW TO BIRD】 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。