インコの育て方をHOW TO BIRDします

オカメインコ オレンジチークのきなこちゃん【きなこのお父さんのHOW TO BIRD】

きなこ日記【きなこのお父さんのHOW TO BIRD】

インコは果物を透視して食べ頃を判断します。【きなこ日記】

投稿日:

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。



ナイショだけど・・・

インコには透視能力があるんだ。

 

見た目だけで熟れ頃が一発でわかるんだって。

えっ?本当なの!?

 

インコは賢い動物なので、

こんな特殊能力がありそうです。

 

さて、果たしてインコは見ただけで、

果物の食べ頃を見分けられるのか?

その真相はいかに?

 

 

こんにちはきなこのお父さんです。

 

あなたの愛鳥は、

野菜や果物を食べるのは好きですか?

 

実はお宅の愛鳥は見た目だけで

果物の味がわかっちゃう動物なのです。

食べなくても食べ頃が判断できるんです。

 

インコがおや!そこに果物があるぞ!と発見します。

 

この果物はまだ食べれない。

こっちの果物は食べ頃だと

見た目だけで判断できるんです。

 

私たち人間は、

このバナナは少し黒ずんでいるから甘いと

把握する事ができますよね?

しかし、これは脳で、

バナナは黒くなると甘くなると

理解していだけに過ぎません。

 

事実、判断がつきにくそうな果物だと

見ただけで熟しているかだなんて、

判断がつかないですよね?

 

この点がインコは違います。

インコは食べなくても、

中身が熟しているかなんてお見通しなんです。

 

このカラクリは、一体なんなのか?

少し補足します。

 

 

・鳥類には紫外線が見えます。

人間に見える色の数は丁度、虹と同じ7色です。

しかし、インコは違います。

虹色+さらに一色、加わります。

 

その色は・・・何と紫外線です。

 

元々、インコやオウムは、肉食の恐竜でした。

進化の過程で、羽毛を持つようになります。

 

そこで翼を授かり、鳥類へと進化を遂げます。

 

木の実を食べたりと、

地上の動物と差別化が計れました。

飛翔しながらエサ探しをする。

フォージングする為に、進化してきたのが視力です。

 

恐竜時代からフルカラーの視覚を持っていましたが、

さらに追加されてきたのが、紫外線の色。

 

私たちには見えない紫外線の色。

紫外線が見える見えないで、

彼らがみている光景は丸で違います。

 

その光景は、テレビでいう、4K映像。

いや、もっともっと美しい世界が

インコの視力なのです。

鳥類の視力で山や海を見て見たいですね。

 

 

これがどれほど凄いのか?

わたしの視力はメガネをかける程です。

しかも乱視、近視、遠視ど盛りだくさんのオプション付きです。

それに紫外線なんて見た事がない・・・。

 

鳥類は規格外に鮮やかなフルカラーの視力です。

7色のフルカラー+紫外線まで見える。

だから、鳥類は果物を見ただけで、

食べ頃の判断するのは容易なのです。

 

鳥類って凄いでしょ?

 

○過去記事

夜、目が見えないの!?インコってホントに鳥目なの?鳥の視力について【きなこ日記】

鳥の視力は40キロ先まで見えてる!?!?インコの目のお話し【きなこ日記】

 

 

人間は哺乳類ですが、

他の哺乳類は鼻を利かせて、

外敵や獲物のいる場所を探ります。

 

臭いを頼りにしながら、

目を使って場所を特定します。

 

人間は鼻を利かせてというよりは、

視力を頼りした哺乳類です。

 

これは本来、哺乳類が持つ特色とは異なります。

実は進化の過程で、哺乳類というよりは、

明らかに鳥類に近い選択をしながら

進化を遂げてきたのです。

 

こんな哺乳類は他にはいません。

 

以上、インコは果物を透視して食べ頃を判断します。

を送りしました。

 

人間は鼻よりも視力を頼りにしています。

これは哺乳類というよりは鳥類に近い行動。

 

だから人間とインコは

気持ちが通じやすいのかもしれないですね。

 

今回のテーマで動画も作りました。


-きなこ日記【きなこのお父さんのHOW TO BIRD】
-, , , , , ,

Copyright© オカメインコ オレンジチークのきなこちゃん【きなこのお父さんのHOW TO BIRD】 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。