インコの育て方をHOW TO BIRDします

オカメインコ オレンジチークのきなこちゃん【きなこのお父さんのHOW TO BIRD】

きなこ日記【きなこのお父さんのHOW TO BIRD】

涙目、生あくび、ゆるゆるうんち 病院に行きました【きなこ日記】

更新日:

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

トーラス 小鳥の知恵 栄養飲料 ×2本
今回、病院に行った目的は・・・

6月に発症した副鼻腔炎の治療中なのですが、

現段階にて、気になった3点について・・・健診も兼ねて来院しました。

その内容は、涙目、生あくび、そして、ゆるゆるうんちです。


   


こんにちはきなこのお父さんです。

8月1日、副鼻腔炎の治療で病院を受診しました。

これで何回目の通院になるのかな?


まず、涙目についてですが、

副鼻腔炎発症当初は、きなこに元気もなくなりました。


たぶん、目の腫れによって視界も悪く、

鳥の本能として動きをセーブしていたのだと感じます。


いまは完全に目に腫れは引いたので、

ここ数カ月、とても元気に過ごしています。

しかし、若干、まだ涙目なのです。


日によって目のコンディションが違います。


もうひとつ気になるのが、生あくびです。
 


ここ数カ月、特に頻繁に生あくびをします。 

副鼻腔炎発症当初は、

生あくびをするにはしましたが、

最近、増えたような気がするのです。 

繰り返しの生あくびは、病気のサインと言われます。 

眠いときのあくびとは質が違います。 


繰り返しの生あくびで疑われる病気は、 

咽頭炎(いんとうえん)  

そのう炎  口内炎(こうないえん)  

気道炎(きどうえん)など・・・ 
※ここでは各病気詳細の説明は省きます。 


やっぱり生あくび連発となると病状が気になります。 

最後にうんちの緩さも気になります。

  

副鼻腔炎発症前は、

コロッコロとした綺麗なうんちをしていました。 

テッシュペーパーの先でツンとすれば拭き取れるぐらいです。 

しかし現在は、毎日、若干、ゆるいうんちをします。

 出たてほやほやのうんちは形になっていますが、 

数時間、放置すると、じわ~っと水分が滲み出てきます。 

6月頃のうんちは、たまに異臭を放つ日もありましたが、 

いまは、臭くはありません。 

という事で病院に行ってきました。

  


・今回の健診結果 

副鼻腔炎の治療の一環として

液体のお薬と目薬を2種類、処方されました。 

液体の薬の成分内容は、

消炎剤、抗菌剤、消化機能改善剤です。 

同時にシロップも混ぜて処方していただいたので

インコには飲みやすいようです。 

また我が家ではキンカチョウのおもちがいますので

よく同時、放鳥します。 

この観点から粉薬を飲水の溶かして飲ませるよりも 

点眼で飲み薬を投与するほうが格段と使いやすいです。 

飲み薬はくちばしに1滴、点眼します。

 1日2回、12時間の間隔を空けます。 

さっそく、きなこのくちばしに1滴たらしてみたら・・・ 

舌なめずりをするように飲みました。 


これはいいかも! 

あとは涙目も改善しないので

目薬を2種類、1日3回点眼します。 

こちらは3日間だけ継続するとの診断でした。 

これで様子見となりました。

  


・きなこの副鼻腔炎の状態は? 

現在の体重は91g。かなり減りました。 

実は一昨日から換羽が始まりましたので、

さほど心配しておりません。 


きなこは換羽が始まると、

ズドンと一気に体重が7~8g減る子なのです。 


病院に行った次の日はの計測では92g。 

よく食べるし、普通に元気に鳴いておりますので、

 おそらく・・・数日で少し体重を戻すと思われます。 


換羽終了と共にまた体重は増加するでしょう。 

体重に関しては筋肉量も豊富で

身体の肉付きも良い状態なので、

まったく心配していません。 


それよりも、換羽期は免疫力が落ちる時期です。 

台風の影響により寒暖差が激しいので

体調を崩さないように見守りたいです。


   

・副鼻腔炎と闘う覚悟  


副鼻腔炎の要因は簡単には

追求できないのが悩ましい病気です。 


元々、インコの多くが生まれながらに菌を持つ、

それがマイコプラズマです。 

一生、その菌が発症しない子もいます。 

症状が出てしまった以上は、

病気と上手に闘いながら如何に症状を悪化させないか? 

こんな気持ちにシフトしつつあります。 


副鼻腔炎は酷くなると鼻が詰まって呼吸困難になったり、

肺炎を引き起すことも考えられます。 

これから気をつけていかなければならないポイントは、 

換羽や発情期、そして季節の変わり目には注意する事です。 

いま、8月中旬です。 

日中は酷暑だったのに夜は一気に冷え込んだりと、

免疫力が落ちやすい季節です。 


夜は止まり木ヒーターを入れて、

保温しながら病状を見ていきます。 


とにかく少しでも病状を改善するために

きなこと共に病気と闘います。

  


今回のブログ内容を動画でも詳しく語っております。


 

-きなこ日記【きなこのお父さんのHOW TO BIRD】
-, , , , , ,

Copyright© オカメインコ オレンジチークのきなこちゃん【きなこのお父さんのHOW TO BIRD】 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。