インコの育て方をHOW TO BIRDします

オカメインコ オレンジチークのきなこちゃん【きなこのお父さんのHOW TO BIRD】

きなこ日記【きなこのお父さんのHOW TO BIRD】

インコにミネラル・カルシウムは必要なのか!?【きなこ日記】

更新日:

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

 

インコに与えるミネラル、カルシウムと聞いて、

何が思い浮かびますか?



ボレー粉(貝殻)

カットルボーン(イカの甲)

塩土(赤土+塩)


大体、この辺りでしょうか?

昔からあるインコのカルシウム製品。

果たして本当に必要なのでしょうか?



こんにちはきなこのお父さんです。

まずは順を追って、

それぞれの商品の特徴をお話しします。

 

・ボレー粉(貝殻)

ボレー粉とは牡蠣の殻を砕いたものです。

商品選びは着色されていない

天然色である白い物を購入しましょう。

開封したら念のため、臭いを確認します。

海の牡蠣ですから、磯の香りがしたり

カビ臭がすれば、海水の汚れ付着も考えられます。

ボレー粉を与える場合は。

熱湯処理をして、

カビがないかチェックする。

そして、天日干しによる消毒を

行うと良いです。

決して粗悪な商品など掴まないように・・・

市販だからと信用せずに、

充分に注意して下さい。

 

・カトルボーン(イカの甲)

こちらは成分は、

イカの甲を乾燥させた物になります。

 

カトルボーン、カットルボーンとも言います。

ボレー粉同様、

天然素材の商品を選択しましょう。

 

 

・塩土(赤土+塩)

塩分を摂取させるには、塩土しかありません。

成分は主に赤土、塩、ボレー粉です。

稀に愛鳥が鉢植えの土を食べてしまった。

というケースがありますが、

これは、インコ自らが、

塩分が不足していると判断して、

口にしています。

 

 

 

 

 

 

ペレット食の子は塩分は必要ありませんが、

シード食の子は塩分が

足りてない場合があります。

もちろん与え過ぎは禁物です。

 

与えるとしても、週に2.3回にしましょう。

 

たまに、固すぎる商品がありますが、

安価な商品は・・・

固める為にコーティング剤を

使用している物もあります。

 

これは、下痢などを引き起こす要因となります。

必ず成分表に目を通してから

ご自分が納得した商品を購入しましょう。

 

食べ過ぎる場合は、

手で崩した物を少量与えましょう。


以上、

簡単にそれぞれの特徴をお話ししました。

 

・正しいミネラル・カルシウムの与え方

ボレー粉は牡蠣の殻になります。

当然、消化が良くありません。

 

固過ぎて胃腸に負担がかかります。

特に老鳥や内蔵系の病気を患った子

かなり注意が必要です。

 

それよりも遥かに柔らかいのが、

イカの甲であるカトルボーン。

 

ミネラル、カルシウムを

与える前提で言うなら、

ボレー粉よりもこちらを推奨します。

 

塩土は、一昔前に良く与えられていた商品。

 

しかし近年、コンパニオンバードは

ペレットの普及により

塩分は充分、足りている。

塩分は必要ないだろうと言わます。

 

実際、愛鳥に与えてみたが、

食べないというケースが多いのは、

こんな背景もあるのでしょう。

 

そして、塩土は、胃腸の負担

かなり大きい商品です。

 

塩土を食べ過ぎて、病気になるなど、

悪影響の報告も多あるので、

衰退しつつある商品です。

 

 

という事でミネラル、カルシウムを

摂取させるのであれば、

まあ、カットルボーンですね。

比較的、胃に優しい。

 

近年では、パウダー状になった、

ミネラル、カルシウムをを含んだ商品も

たくさん出ています。

 

例えば、カットルボーンにも

パウダー状の物もございます。

これなら、より身体に優しいでしょうね。

今回、ご紹介した商品を与えた事で

身体に異変が起きたというケースも稀にあります。

 

私が思考するに・・・

愛鳥が今、何事もなく健康であれば、

極力、今の食を変える必要がない!

これを念頭に置いています。

 

人間も普段、飲食していなかった物を

いきなり食べ飲みし始めたら、

最近、なんだかお腹の調子が悪くて・・・

緩いのよね。

なんて事ありますよね。

 

健康で身体であれば、

量や摂取間隔をコントロールすれば、

徐々に身体のほうが順応してくれますが、

 

やはり健康面で不安があれば、

これを境に体調を崩す事もあります。

 

インコやオウムはとてもデリケートな

身体の構造をしています。

 

こんな観点から、

私は食に関しては極力、イジらない。

 

 

今まで口にしなかった

食べ物を食せば、

胃袋さんがビックリしちゃいますからね。

 

総合的にみて、私はネクトンにしています。

ネクトンには約7種類あるので、

どれを選んで良いか悩みます。

ミネラル、カルシウムとなると、

ネクトンMSAという商品になります。

 

・まとめ

病気や怪我などがキッカケとなり、

愛鳥にミネラル、カルシウムを与えるとしたら、

一気に与えるのではなく、

普段のエサと混ぜる比率を考えながら、

徐々にウエイトを増やす。

このような工夫は当たり前にすると良いですね。

 

 

今回のテーマで動画も作りました。

 

 

 

-きなこ日記【きなこのお父さんのHOW TO BIRD】

Copyright© オカメインコ オレンジチークのきなこちゃん【きなこのお父さんのHOW TO BIRD】 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。