インコの育て方をHOW TO BIRDします

オカメインコ オレンジチークのきなこちゃん【きなこのお父さんのHOW TO BIRD】

きなこ日記【きなこのお父さんのHOW TO BIRD】

インコやオウムは自分は人間だと思っているの!?

更新日:

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

インコ生活を送っていると、
たまに、愛鳥対して、
この子はもしかしたら、
自分のことを人間だと思っているのではないか?

こんな疑問・・・一度は頭に浮かんだことがあるかと思います。



こんにちはきなこのお父さんです。


愛鳥があなたの姿を見てどう思っているかは定かですが、

もしかすると空が飛べないけど・・・

とても大切な仲間だよ!って認識している事は間違いないと言えるでしょう。


インコやオウムはあなたに対して、敵か味方なのかと言う区別をしています。

味方だと認識した人間に対しては、群の仲間と言う区別をしているのです。

自身に全く害がなくて、一緒に遊んでくれたり、優しく話しかけてくれたり、餌を分けてくれたりする大切な仲間なのです。

あなたは群の仲間の一員、もしくはパートナーと認識されているのです。



インコやオウムは雛の頃にお世話してくれた人と

一緒に過ごしてきた時間はかけがえのないものです。

この大事な時期に共に暮らしたあなたの存在。

それははとても大きいものなのです。

そしてあなたを群の仲間だと学習したのです。

どんなに姿かたちが異なっていようとも、

人間に対して自分と同じ存在だと認識して行動しているのです。


・インコは犬や猫にも仲間意識はあるのか?

あなたのお宅に、他の動物が同居している方もいますよね?

例えば、インコやオウムが雛の頃から、あなたのお宅にはワンチャンがいたとします。

この場合も、犬に対して仲間意識を持つ可能性は高いのです。

もしも、他の動物と仲良くできる子であれば、

それは群れ仲間だと認識しているという証なのです。


ちなみにうちにきなこ♀オカメインコは、おもち♂キンカチョウに対して

毛嫌いをする事はまったくありません。

きなこはおもちを群れの仲間だと認識しているようです。

また、おもちは唯一、きなこにだけ心を許しています。

おもちは人間に対しては、まだまだ壁があります。

多分、おもちはきなこを見て、

自分は鳥なんだと認識していると感じます。

またおもちは手に乗りませんし、わたしがそばに行くと緊張してしまいます。

しかし、群れの仲間だと認識は少なからずあるようです。


以上、インコが自分を人間だと思っているのか考察してみました。
あなたの愛鳥は、自分を人間だと思っていますか?

今回と同じテーマでYouTubeチャンネルでも動画を配信しています。

https://youtu.be/lu6JB2oDVgE

-きなこ日記【きなこのお父さんのHOW TO BIRD】
-,

Copyright© オカメインコ オレンジチークのきなこちゃん【きなこのお父さんのHOW TO BIRD】 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。