雛から育てるきなこの成長記録。

オカメインコ オレンジチークのきなこちゃん

きなこ日記

インコ『叱る』しつけで愛情は伝わりません。【きなこ日記】

更新日:

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

 

インコのしつけと言うと・・・

まだまだ、『叱る』が主流のように感じます。

子供の教育も見直される中、

果たして本当に『叱る』教育が正解なのでしょうか?

こんにちは、きなこのお父さんです。

わたしは愛情を持って厳しく叱ります。

心を鬼にして『叱る』しつけ。

インコを『叱る』しつけをしている方に

耳を傾けてみると・・・。

愛鳥と真剣に向き合っているからこそ、

『叱る』教育、しつけをするのだと言います。

しかし、残念ながら、

あなたの『思い』は届きません。

いくら真剣に叱って、

こうして欲しい。

解って欲しいと言った願望は

1㎜も伝わらないのです。

一時的に『叱る』しつけで、

問題行動が収まったとしても・・・あなたは嫌われます。

 

また、叱られる・・・。

姿を見ただけで逃げるようになるのです。

それどころか、問題行動はエスカレートします。

インコを『叱る』必要はありません。

叱らなくても、あなたの思いは必ず、愛鳥に伝わります。

あなたの思いを・・・それ以上の愛情で応えてくれます。

言葉掛けをするのであれば、諭すように優しく・・・。

叱らないしつけとは、いま、起きた事だけに捉われず、

問題行動の前後で、なぜ、こうなったのか?

インコの行動を冷静に見つめ直す。

おのずと答えは見えてきます。


例えば、痛い、痛い・・・

しつこく愛鳥が鼻をカジカジします。

インコの行動に目をやると・・・

『エサが無いんだね。ごめんね、気がつかなくて』と

問題行動の前後を考えて、

対処さえすれば、

叱る必要などまずないのです。

以心伝心。

言葉は交わせなくても、

お互いの愛情が伝わるでしょ?

家族として一緒に暮らすインコ。

わたしたちが愛鳥とどう向き合うか、

たまには真剣に考えるのも良いでしょうね。

続く。

 

今回もブログと同じテーマで

YouTubeに動画を公開しました。

 

-きなこ日記
-, , , , , , ,

Copyright© オカメインコ オレンジチークのきなこちゃん , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。