雛から育てるきなこの成長記録。

オカメインコ オレンジチークのきなこちゃん

きなこ日記

健康な雛を選ぶ10のポイント!インコをお迎えする!!【きなこ日記】

更新日:

この記事を読むのに必要な時間は約 9 分です。

健康な雛を選ぶ10のポイント!インコをお迎えする!!【きなこ日記】

桜の開花宣言となると、

インコの換羽も始まります。

 

春は温度も上がり日差しが強くなります。

植物の活動が活発になります。

そして、生物も動き始める時期なのです。

 

こんにちは、きなこのおとうさんです。

春は暖かいシーズンなので繁殖に適しています。

この時期は、大量にペットショップにインコの雛が入荷されます。

 

もしもインコの雛を迎えるのであれば、

初心者の方でも飼育しやすい時期を選ぶべきなのです。

 

これから家族となるインコ。

健康で相性の良いインコちゃんに出会いたいですよね。

 

あなたのコンパニオンアニマルになる

インコの雛を選ぶのです。。。

 

最終的にお迎えする子をどの子にするのか?

決めるのはあなた自身なのです。

 

健康な子、元気な子、活発な子、ベタ慣れな子、賢い子・・・

 

インコをお迎えするとなれば、

こんな子に育てたいと夢が膨らみます。

 

自分の理想とする子に育てる前に、

一番、大事な事があります。

それは”健康”

健康な雛を選ぶ!

 

元気があれば何でもできるのです。

 

雛選びのポイントを押さえて、

ショップに足を運びたいですね。

 

・健康な雛の選ぶ10のポイント

1.元気に走り回っている子。
2.足が大きな子
3.誰よりも餌を食べる子
4.体の大きな子。
5.ろう膜が綺麗な子。
6.お尻の大きな子。
7.う○ちが大きな子。
8.下痢をしていない子。
9.毛並みの良い子。
10.目が輝いている子。

 

わたしが雛を見るポイントは、

まず全体的に受ける印象、フィーリングを大切にしています。

 

健康状態の良い子は目が活き活きとしています。

目が活き活きしている。

 

そして体の毛並みがよく、色艶が良いです。

毛並みが良い。

 

そんな子は、とにかく元気に走りまわっているものです。

元気に走り回る。

 

 

1.元気に走り回っている子。

雛の仕事は、ご飯を食べる。

そして、寝る!の繰り返しです。

 

元気のある子は、

たまたま睡眠中でもない限り、

あなたがそばに近づいたら、

すぐにケージの前面に来ます。

 

右に左に活発に動いて顔を見上げる子は

人間に信頼を持つ証拠です。

 

すでに手乗りインコとして、慣れてきています。

雛の育て方が上手は、優良なショップともいます。

 

健康な子は活発に動き回り、みなぎる活力があります。

 

2.足が大きな子

あまり根拠はないですが、

わたしは足の大きな子を選びます。

 

足の大きな子は、

体が大きく成長するように思えます。

 

また、足の皮膚が柔らかそうで

ガサガサしていない足である事。

 

歩様よくキチンと歩けているか。

足の爪や色の状態もチェックします。

健康な雛の足は若々しく綺麗な色をしています

 

3.誰よりも餌を食べる子。

ショップ店員さんが

餌やりをしている場面に出会えれば、

その子の健康状態がわかります。

 

元気で健康な雛は自分から勢いよく餌を食べます。

我先に食べる子は、元気に育ちます。

インコは弱肉強食の世界に育つのです。

 

4.体の大きな子。

私は他の子と比較します。

そして大きな体の子を選びます。

 

体格が良いということは、

餌を良く食べている証拠です。

痩せすぎていても太りすぎていても良くないです。

適度に肉づきが良く引き締まった子を選びます。

 

5.ろう膜が綺麗な子。

鼻の艶が良く、鼻水で汚れていないか・・・

くしゃみをしていないかチェックしましょう。

健康な雛は、とても綺麗な色をしています。

 

6.お尻の大きな子。

お尻の大きな子は、必ず骨格のしっかりとした子に育ちます。

そして、お尻の穴も必ずチェックしています。

私は肛門が綺麗な子を求めています。

 

フン切りが良くない子は、

お尻をフリフリしながらう○ちをします。

内臓に病気を抱えている可能性もあります。

 

お尻の羽毛が汚れていれば、

下痢して可能性があります。

お尻の穴はかなり重視しています。

 

7.う○ちが大きな子。

健康な雛のう○ちは、

コロコロと硬いう○ちです。

多尿の子は全体的に水っぽく形になりません。

 

理想的なう○ちは丸を描いています。

インコは捕食動物なので、

病気でも隠す傾向にあります。

しかしう○ちだけは隠せません。

う○ちは健康のバロメーターです。

 

8.下痢をしていない子。

下痢の場合、う○ちの状態が多尿です。

 

正常な色のう○ちをしているのか、

他の子と比較してみましょう。

 

消化機能が低下していれば、

未消化のう○ちとなります。

 

9.毛並みの良い子。

毛引きやハゲがないか。

翼が下がった状態ではないか。

変形していないかをチェックしています。

 

羽を膨らませて寝てばかりいれば、

病気の可能性があります。

 

10.目が輝いている子。

目は嘘をつきません。

健康な雛は目に力があります。

 

屈託のないピュアな瞳に惹きつけられます。

元気な子の目はキラキラと輝いています。

 

目に力がある雛を選びましょう。

 

以上、如何でしたか。

 

インコは丈夫で飼育しやすい動物です。

 

しかし、雛となると、

自ら体温を調節する事ができないので、

急な環境変化によって体調を崩すことも考えられます。

 

雛をお迎えしたら健康診断を兼ねて、

早期に動物病院で診てもらっておくと安心です。

 

病院探しのコツはインコを専門で診れる病院探しです。

犬、猫とは違い専門的な知識が求められます。

 

また、小動物可能とあっても、

行ってみたら断られたという病院は数多く存在します。

 

もしも急病になり、病院選びが難航すれば、

その分、治療が遅れます。

インコは半日で重症化する恐れがあります。

 

雛のうちに、触診、レントゲン、そのう検査、糞便検査まで

やっておくととても安心です。

 

末永く一緒に暮らす家族です。

ポイントをおさえて、

健康で元気な子をお迎えしましょう!

 

続く。

 

インコの雛をお迎えする10のポイントについて、

YouTube動画にもまとめてみました。

きなこが出演しているので、ご覧になってください!

-きなこ日記
-, , , , ,

Copyright© オカメインコ オレンジチークのきなこちゃん , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。