雛から育てるきなこの成長記録。

オカメインコ オレンジチークのきなこちゃん

きなこ日記

【きなこ日記】1羽飼いのインコが寂しくない理由!!

投稿日:

この記事を読むのに必要な時間は約 8 分です。

【きなこ日記】1羽飼いのインコが寂しくない理由!!

野生では、群れで生活を送るオカメインコ。。。

我が家の家族としてお迎えした雛のオカメインコは

中雛、そして若鳥へとすくすくと成長しました。

 

きなこが家に来たのは丁度、1年前の冬でした。

忘れもしない2019年2月22日。

 

きなこはわたしにとってインコ生活の集大成。

最後のつもりでお迎えしたオカメインコです。

こんにちは、きなこのおとうさんです。

私はすでに四半世紀以上人間をやっています!!

50年も生きてくるとついつい考えてしまうのが年齢です。

別に、老け込むつもりはないのですが・・・

コンパニオンアニマルをお迎えする際、

どうしても考えるのが自分の年齢です。

あと何十年、自分は元気でいられるだろうか?

そんな、年齢の計算してしまうのです。

 

自分が10代、20代の頃、

あと何年間、生きれていられるだろうか?など

考える事はありませんでした。。。

 

しかし、鳥と暮らすのであれば、

最後はオカメインコと決めていたのです。

人生の最後はオカメインコと暮らす!

オカメインコの分類はインコではなくオウムです。

世界最小のオウム目オウム科のインコなのです。

オウムは意外と長寿なのですよ。

実際、私の知り合いの知り合いに、

31歳になるオカメインコがいるのです。

そうなると、わたしのほうが先に・・・

なんていう事も考えられのです。

とは言っても、オカメインコを諦める訳にはいきません!!

 

人生、一度きり。

やりたい事をやる。

残りの人生は自分にわがままに生きると決めていますから・・・

 

 

 

インコ生活は癒しです。

きなこは私の生きがいなのです。

これからいつまでも、

きなこと一緒に暮らしたいと思っています。

知人・友人にわたしはインコが好きだ!と

いう話をすると・・・

 

必ず、じゃあ『たくさんいるの?』と聞かれます。

たぶん・・・

インコを知らない人から見ると、

複数飼いのイメージなんでしょうね。。。

 

それもそのはず、

日本でインコを飼う率は100人に数人程度ですので、

圧倒的にインコという生体を知らない人のほうが多いのです。

 

もちろん、こんなわたしでも

以前、複数飼いをしていた時期もありました。

 

しかし、現在の環境や生活スタイルを考えると、

いまは1羽飼いが好ましいと判断したのです。

 

それぞれの家庭に環境により・・・

1羽飼い、複数飼いと事情がある。のです。

 

複数飼いには複数飼いの良さもありますし、

1羽飼いには1羽飼いの良さもあります。

どちらの利点も知っているので、

どちらも肯定も否定もするつもりはありません。。。

ただわたしは、

きなこを幸せにするには、

1羽でお迎えするのが好ましかっただけなのです。

インコは群れで生活する動物です。

群れの仲間は同じ種類のインコです。

しかし、人間と一緒に暮らすインコの場合は、

多くの方は、鳥が1羽では寂しくないかな・・・と

考えがちなのです。

 

しかし、きなこには群れの仲間の私がいるのです。

家飼いのインコは寂しくない!!

 

きなこには大勢の家族がいるのです。

わたしの他にも・・・

おかあさんもお姉ちゃんたちもいるのです。

 

人間と鳥が家族になる。

それが、群れの仲間なのです。

だから、きなこは寂しく思わないのです。

 

 

きなこには群れの仲間がいる!!

 

必ずしも新たなインコを増やす事が

きなこの望みとは限りません。

きなこは自分の姿、形を人間だと思っているはずです。

そして、鳥からすれば、

わたしがとても大きな鳥に見えるだけなのかもしれません。。。

コンパニオンバードは、

人間を群れの仲間だと認識しています。

群れという家族なのです。

そんな思いを持つきなこに

同じ鳥を連れてきたとしても・・・

相性というものもあります。

少なくても今の家族との相性は抜群です!!

きなこが群れの仲間と生活するこの家は、

インコからすれば縄張りです。

 

家の中は縄張り。

いきなり部外者のインコが来たら、

威嚇するでしょう!!

見たこともない人が来客すれば、

戸惑うのも当たり前です。

 

そして、例え・・・

新たなオカメインコさんをお迎えしたならば・・・

ある程度の時間をかければ、、

仲間になれるケースが多いとは思います、

 

そんな真実を知った上で・・・

あえて言いますが、

新入りのインコを外敵とみなし、

攻撃的な性格に変わってしまう恐れもあるのです。

1羽飼いのインコは寂しくない!!

だから私は・・・

1羽で飼うインコが寂しいというのは誤解だと思う訳です。

 

インコは最高のパートナーを1人選びます。

それが、おとうさんなのか、

はたまた、おかあさんを選ぶのか・・・

全てはインコに選択権があります。

ちなみに我が家では、

おかあさんがきなこの最高のパートナーです。

わたしは2番手です。

インコは賢い動物です。

とても知能が高いのです。

 

だから知的なインコの好奇心旺盛をくすぐり、

毎日、遊んで楽しく暮らすのは、

お迎えした私の義務です。

もちろん、義務なんて思った事はありません。

わたしは、インコが大好きですからね!

 

わたしはきなこの親であり、

群れの仲間です。

 

愛を持ってインコと接して、

きなこの健康管理をきちんとする。

そして、自分も健康な生活を送る。

インコといつまでも健康で長生きをする。

わたしはきなこを我が子だと思っています。

我が子と親が一つ屋根の下で暮らす。

1羽飼いのインコは、

決して寂しくなどないのです。

 

続く。

今回のブログテーマをYouTube動画にしてみました。

よかったら重ねて見て頂きコメントを頂けたら嬉しいです。

-きなこ日記
-, , , , ,

Copyright© オカメインコ オレンジチークのきなこちゃん , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。