雛から育てるきなこの成長記録。

オカメインコ オレンジチークのきなこちゃん

きなこ日記

【きなこ日記】わたしがインコを好きな理由!!17の魅力を教えます!!

更新日:

この記事を読むのに必要な時間は約 12 分です。

【きなこ日記】わたしがインコを好きな理由!!17の魅力を教えます!!

犬も好きだけど猫も好き。

でも、鳥はちょっと苦手・・・

 

こんにちはきなこのお父さんです。

ペット界の2大巨塔である猫と犬。

それに続くのが鳥ですよね。

 

しかし、結構、鳥が苦手という人は多いのです。

鳥が苦手だという人の理由をピックアップしてみると・・・

 

・フンが汚い。

・見た目が気持ちが悪い。

・首の動きが怖い。

・羽ばたく音が嫌。

・目つきが怖い。

・突っつく、噛みつきそう。

・鳴き声がうるさい。

などなどが挙げられます。

 

鳥好きからしてみれば、

その嫌いな人の理由、全てが愛おしいと思えるのです。

 

フンは全然クサくないし、

インコさんは見た目からして超・可愛いい。

首を振る動きが滑稽でおかしい。

羽ばたく時の仕草も超・超可愛いくて、

お目目なんて、まんまるで愛らしい瞳に映ります。

突っつくの当たり前だと受け入れ、

嫌がる事をしなければ噛つかない事も理解している。

鳴き声は美声にしか聴こえません。

歌マネもできるしおしゃべりもできるので天才だと思っています。

 

 

でも・・・鳥が嫌いだと言う人は、

これら全てがNGな訳ですよ。

 

でも、実はトラウマになっているだけで、

鳥さんと触れ合った事がないから、

インコの実態を知らないだけ・・・

もしかするとあなたはインコ好きになる要素を

持っているのるかも知れませんよ。

 

好きと嫌いは背中合わせ。

現に、うちの家族は数年前までは、

鳥=怖いだったのです。

動きが速い、突っつきそう。目が怖い。

と言っていました。

 

まったく触れたことがないからインコを知らない。

野生の鳥さんのイメージと重ね合わせてしまい、

怖いイメージが先行しているのかな・・・と感じます。

そもそも、興味がなければ眼中に入らないのではないか?

 

インコ好きになる人には、

必ずターニングポイントがあるはずです。

 

そんなわたしがインコ好きになった分岐点は、

無いです。

 

だってオギャーと産声をあげた時から、

そばにはセキセイインコさんがいたからです。

 

わたしが子供頃というと昭和の時代までさかのぼります。

セキセイインコだらけの家で育ちました。

あれからどれだけの月日が経つと言うのでしょうか・・・

 

いつかまた、インコさんの居る暮らしがしたい・・・。

そんな願いが叶ったのは3年前でした。

 

そして平成27年1月に、

セキセイインコのわさび♀をお迎えしました。

 

それからというものの、

すっかり、我が家は揃ってインコ好きとなりました。

 

インコさんと生活するとインコの虜になる。

インコさんの良さは、一緒に生活してみれば一発でわかります。

 

とっても愛嬌があり人懐っこい動物です。

人に寄り添い喜怒哀楽の表現が豊かである。

家族の中心となり笑顔をもたらせる存在だと思います。

 

しかし、インコカフェにでも出向かない限り、

なかなか鳥と触れ合う機会は少ないと思います。

 

インコさんの魅力に触れた事がない人に、

是非、鳥さんに興味を持って頂きたい。

インコは魅力的な動物です。

 

 

インコさんの魅力。

インコさんの魅力を人に伝えるにあたり、

何をどうお伝えすれば良いのかと考えました。

 

でも何も難しく考えないで、

いかにわたしがインコ好きなのか、

その理由を伝えるのがいちばん早い。

その結論に達したのです。

 

そんな事を考え始めてみると、

まず、思ったのが素直にインコは可愛い。

見た目も仕草も何もかもが可愛くて仕方がないです。

そう何から何まで・・・

 

好きなものは好きなのである。

好きになるのに理由はいりません。

それは犬派も猫派の方々のも、

同じ事が言えるのではないでしょうか。

 

 

 

1.見た目が可愛い♡

一言で見た目が可愛い。

では自分は犬派なのかそれとも猫派なのか。

どっちも甲乙つけがたい。

しかし断然、鳥派なのです。

ペットショップに行けば、

迷わず鳥コーナーへ直行直帰です。

 

2.人懐っこい♡

大好きな人のそばを離れないで後を追いかけてきます。

インコさんのほうから好き好き大好き光線を出してくれるます。

 

もう撫で撫で、スリスリ、チュチュと、

こちらも負けじと大好きビームで応戦。

肩に乗せたまま、家中を歩き回れます。

 

3.インコ臭♡

インコ好きは、一日に何度、臭いを嗅ぐかわかりません。

暇さえあれば、背中や首の臭いを

クンクン、クンクンと深呼吸します。

 

インコ臭のアイスが象徴的ですが、

インコマニアは完全なインコ臭フェチなのです。

 

 

4.癒し効果♡

鳥さん全般を見ているだけで癒されるのです。

街を歩きどこかで、

チュン、チュン、チュン

スズメさんの声を聴けば、

『可愛い♡』

 

鳩さんの姿を発見すれば、

鳩さん名物の首振りを見れば微笑しさを感じるのである。

 

カラスを怖がる人には、

『カラスさんの目はよく見るとつぶらな瞳で綺麗だ。』

とカラスの良さをアピール。

 

5.毛づくろい♡

インコさんは羽の手入れを入念にします。

 

首の後ろから、尾っぽの先まで、

丹念に丹念にお尻にある尾脂腺から分泌される

脂で羽根をコーティングしているのです。

脂には撥水効果があるのです。

 

6.カキカキ♡

足で頭をカキカキ。

頭の次は頬のあたりもカキカキします。

 

足の爪を立ててカキカキする姿はチャーミングです

 

7.スマホはライバル♡

現代のインコさんは大変です。

お父さんやお母さんがスマホに夢中になれば、

確実に邪魔をしてきます。

『ゲームやSNSばかりしていないでかまってよ!!』

インコさんはとてもかまちょです。

またパソコンもやり過ぎると、

キーボードの上に居座ります。

 

そして目をウルウルさせて、

じーっとこちらを見つめてきます。

8.ホワ毛♡

たまに鼻の穴にへばりついている綿毛。

あれは羽毛で、ダウンボールと言います。

そのダウンボールが鼻について離れない。

呼吸をする度、ピーヒャー、ピーヒャー。

滑稽な姿に失笑されます。

 

9.にぎにぎ♡

握りたくて意味もなく捕まえてしまいます。

ごめんね。。。

つい、君をにぎにぎしたくなっちゃうんだ。

 

10.水浴び♡

羽をプルプルさせるところが、たまらなくキュートです。

インコさんが水浴びをする姿は、

インコ好き以外の方が見ても、可愛らしく映ります。

 

インコさんは羽を清潔にする為に水浴びしています。

人間のシャワー、お風呂と一緒です。

また、入浴後の見た目が、

まあ、貧相な事。。。

しかも臭いのです。

そこがまた魅力だったりするのです。

 

 

11.脇を御開帳♡

夏の風物詩、通称、アジの開きです。

飛んだり歩き回ったりすると

暑がって羽を少し浮かせます。

体温調節の為に羽を広げているのですが、

抜群の可愛い姿にノックアウトされちゃいますよ。

12.うんち♡

うんちでもフンでもありません。

あれはおまんじゅうです。

臭いがある訳でもないし汚物とは思えません。

 

我が家ではきなこのうんちを

通称、まんじゅうと呼びます。

乾燥したうんちの場合はクッキーと呼んでいます。

しかし、気づかず床に落ちているうんちを踏んづけると

ギャーと家中、大騒ぎになります。

 

13.鳴き声♡

インコはホント美声です。

歌も歌えるし、おしゃべりも上手です。

最低限、自分の名前は覚えます。

『きなこ、こっちにおいで!!』

呼べば来るし、

人間と会話ができるのがインコさんの強みです

 

散歩中、野鳥の声が聞こえてくると、

声の主を探している自分がいます。

 

14.片足で寝る姿♡

ウトウトとしているお顔が可愛い。

そして片方の足を引っ込めて眠むる姿もまた可愛いのです。

実は足から冷えないように、

体温調整しているんですけどね。

 

 

 

15.甘えん坊な性格♡

たっぷりの愛情ビームを浴びせると、

漏れなくベッタリさんに育ちます。

 

インコさんに甘えられ幸せ。

こんなに嬉しいことはありません。

16.撫で撫で♡

頭や頬、あごの下などを撫で撫ですると、

トローンとした顔をします。

 

インコさんからのリクエスト多発の撫で撫でです。

よほど、気持ちがいいでしょうね。

ピーッ、ピーッて声にならない声を上げます。

17.いたずらっ子

目を離すと何でもおもちゃにしてしまうぐらいに

好奇心旺盛な性格の持ち主です。

遊ぶ姿はもはや人間の3歳児と同じです。

 

ああ、書き出したら無限ループしそうなぐらい、

インコの好きなところが書けました。

まだまだインコさんの好きなところはたくさんありますが、

今回はこのぐらいで止めておきます。

 

続く。

あなたのブログ「1万PV」いかなければ全額返金保証

-きなこ日記
-, , ,

Copyright© オカメインコ オレンジチークのきなこちゃん , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。