雛から育てるきなこの成長記録。

オカメインコ オレンジチークのきなこちゃん

きなこ日記

【きなこ日記】オカメインコの雛 お母さんの後をトコトコ追いかけてくる子に育ちました!!

更新日:

この記事を読むのに必要な時間は約 10 分です。

【きなこ日記】オカメインコの雛 お母さんの後をトコトコ追いかけてくる子に育ちました!!

きなこはお母さんを見つけると、

トコトコと歩いて追いかけます。

 

お父さんではないのです。。。

いわゆる、お母さん子です。

きなこにはわかるんですね。

いちばんお世話してくれる人の事が・・・。

 

 

お母さんが違う部屋に行けば

トコトコとヨチヨチ歩きでついていきます。

 

ベランダに洗濯もの干しに行く時も、

トコトコトコ。。。

 

『お母さん、洗濯物を干すからあっちで待っててね。』

 

こんにちは、きなこのお父さんです。

トコトコと歩き回るオカメインコさんの姿は、

見ているだけで癒されますよね。

 

オカメインコさんに愛されて追いかけられる。

こんな嬉しいことはないですよね。

 

ではかわいいオカメインコさんに、

追いかけられるようになるには、

どうしたら良いのでしょうか?

 

最初から答えを言うようですが、

毎日、我が子のように愛情を持って接すれば、

あなたの後を追いかけまわします。

 

相思相愛♡

お世話したらお世話した分以上の愛情が返ってきます。

オカメンコさんにはあなたの注ぐ愛情が分かるんです。

 

オカメインコさんには、

他のインコさんにない魅力がたくさんあります。

ここで挙げていったらキリがないです。

 

その中でも、表題にあるように、

インコさんが人間の後を追いかける姿。

たまらなく可愛いですよね♡♡♡

『うちのインコはドライなんです。』

『クールなので呼んでも来てくれません。』

と中にはネコさんのような性格の子もいるようです。

 

でも・・・できれば、

と言うか断然、愛するインコさんに

追いかけまわされるぐらい好きになって欲しい・・・

と思いますよね。

 

では、どうしたら愛するインコさんに、

振り向いてもらえるのでしょうか?

 

・インコさんとの信頼関係を構築する。

共に生活して共に遊ぶ。

我が子のように、そして家族して接する。

 

当たり前の事ですが、いつも一緒にいることは大事です。

 

ゲージから出る事も許されない。

一日中、部屋の片隅に置かれて無視されていたら、

インコさんも振り向いてくれません。

 

あなたはインコ好きだと思うので、

こんな事はないと思いますが、

現実、まともにお世話されない

愛されないインコさんもいると聞きます。

 

部屋の中心にゲージがある。

一日、家を空けた日には、

『ただいま~きなこ。』

真っ先に声をかけます。

 

あなたがインコさんに興味がなければ、

インコさんもあなたに興味が湧きません。

 

動物とのコミュニケーションは相思相愛です。

相思相愛♡

 

あなたが好き好き大好き光線を発すれば、

インコちゃんからも好き好きレーザービームを

発してくれるのです。

 

きなこは2018年12月生まれです。

春から夏にかけて雛から若鳥になっていきます。

 

これから一生、仲良くしていくために、

いまが一番、大事な時期だと思うのです。

たくさん触れ合い、たくさん遊んであげたいなと思います。

 

 

・名前を呼んだらこっちに来る練習をする。

『きなこ~』

とトントントンと机を叩きながら、

『きなこ、こっちにおいで!!』と呼びます。

きなこが『んっ?』と反応すれば、

あとは時間の問題です。

 

トコトコトコとあなたの呼ぶほうへ

歩いてくるでしょう。

 

 

インコさんが一回でも成功したら、

成功の証としてご褒美をあげます。

ご褒美はおやつです。

写真はきなこ主食ペレットです。

 

そして、ご褒美には、下の写真にある

エン麦をあげています。

 

以前、エン麦を主食に与えた事があるのですが、

エン麦の美味しさに取りつかれたらしく、

主食のペレットを食べなくなりました。

 

プイッ、これじゃない。

ペレットよりもエン麦のほうが大好物みたいです。

 

『これは、いかん!!』という事で、

それ以来、エン麦の存在を封印したのです。

棚の高い所にエン麦の入れ物をが気になるようで、

『ボクのエン麦・・・』

オカメインコさんは賢い動物なので、

入れ物の中身ぐらいは判断がついています。

 

1カ月前までヨチヨチ歩きだったきなこも、

いまではチョットだけですが、

早足で歩くようになってきました。

きなこの成長を感じますね。

 

その頃から、名前を呼んだらそばに来る

練習をしてきました。

最初は、そばに来ることができたら、

手の平に乗せてあげて、

思いっきり撫で撫でしてあげます。

そして最大限に褒めちぎります。

『いい子だね、きなこ~』

『良くできたね。偉いね。』

とご褒美をあげるのです。

ご褒美は一粒だけで充分。

 

ここで登場するのが、エン麦。

大好きなエン麦が貰えるのです。

 

しつけと言うと堅苦しいですが、

こっちにおいでを教えるには意味があります。

 

呼ばれたらそばに行く

行動を覚えると手や指を怖がらない子に育ちます。

 

おいでと言えば手に乗る。

いつでもどこでも手に乗る事ができれば、

万が一のキケン時も、

『きなこ~、こっちにおいで!!』

と呼べばハッとして気がついて、

スッ飛んでくるはずです。

 7700

 

 

もしも、覚えの悪いインコさんの場合、

人間が2人でペアとなり、

こっちにおいでを教える方法もあります。

 

まずひとりがインコさんを指に乗せます。

 

それぞれがご褒美を持ちます。

そしてインコさん指に乗せていない人がインコさんを呼びます。

『こっちにおいで!!』

呼んだらこっちに来る事がでいたら、

『偉いね~よくできたね。』

と撫で撫でして褒めてあげます。

 

もちろん、ご褒美の一粒も忘れずに・・・。

 

これを何回か繰り返せば、

だいたいのインコさんはできるようになるはずです。

 

人とインコさんが楽しみながら、

2人の間をいったりきたりさせます。

 

ゲーム感覚でしつけを・・・

ガミガミ言ったり、怒っていては、

インコさんは決して行動しません。

 

遊びの一環として、ゲーム感覚で

見て、聞いて、覚える。

 

そしてインコさんとあなたが

一緒になって楽しみながら覚える。

 

これが第一歩だと思います。

 

インコさんはホントに臆病な動物なので、

いきなりハードルをあげても行動しません。

 

小さな成功を積み重ねて、

インコさんの好奇心を引き出します。

 

机をトントンしてみたり、

身振り手振りのアクションで呼んでみたりと

バリエーションを加えると良いでしょうね。

 

まず最初は、30cm程度の短い距離から・・・

インコさんを褒めて伸ばす。

 

インコさんはとても頭が良いので、

一度、記憶した行動は忘れません。

インコさんの気持を優先して

気長にやりましょう。

あなただって気が向かない時だってあるでしょ?

焦らず毎日、コツコツと・・・

 

毎日、インコさんと遊ぶと、

自然と仲良くなってしまいますね。

相思相愛になる。

 

さあ、きなこ次は何、覚えようか⁉

続く。
あなたのブログ「1万PV」いかなければ全額返金保証

-きなこ日記
-, , , , , ,

Copyright© オカメインコ オレンジチークのきなこちゃん , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。