雛から育てるきなこの成長記録。

オカメインコ オレンジチークのきなこちゃん

きなこ日記

インコを選ぶなら断然オカメインコの理由‼︎鳴き声の大きさ?噛みつくの?飼いやすいの?

更新日:

この記事を読むのに必要な時間は約 13 分です。

インコを選ぶなら断然オカメインコの理由‼︎
鳴き声の大きさ?噛みつくの?飼いやすいの?


オカメインコをお迎えしようか悩んでいるあなた‼︎

あなたの疑問が解けるかもしれない

ヒントになる内容になっております。

どうぞ最後までお付き合いください。



こんにちはきなこのお父さんです。

オカメインコ、本当に可愛いですよ!!

きなこは現在、生後4カ月半。

他のインコさんと比較すると、

断然、温和な性格をしているのがオカメインコさんです。


例えば、オカメインコさんとセキセイインコさんに

おやつを一緒にあげたとしたら、

『ど、どうぞ、先に食べて下さい。』

遠慮するぐらい大人しい性格の持ち主です。


そんな体の小さな子に負けているオカメを見ると

愛らしくてほのぼのした気持ちにさせてくれます。


・オカメインコさんは噛みつかない。

セキセイインコさんに噛まれた経験がある方は、


オカメインコさんの体格の良さから、

『噛まれたらきっと痛そう・・・』

と思うようです。


わたしもオカメインコさんを知る前までは、

噛まれたら痛そうと思っていました。

セキセイインコさんと体重を比較すると約2倍あります。 

体の大きさだけを見ると、

 噛まれたら痛いそう

と不安になる人も多いと思います。


しかし、オカメインコさんは噛まないのです。

オカメインコさんは噛まない。

まず本気で噛みつくことはありません。




噛むと言う表現よりは、甘噛み。


鳥さんにとってのくちばしは、

わたしたち人間の手の変わりです。

きなこがおもちゃに夢中になって遊んでいる時に、

こちらが手を出せば、

『いま遊んでんだから~』

『邪魔、しないで!!』




人間だって何かに集中している時に、

邪魔されたら何⁉って思いますよね。

それでもオカメインコさんは、

つついたり、噛みついてきません。


やめてよ~とカプッ!!ときます。
でも、カプッ!!というよりは、

かぷっ♡♡♡という感じです。

ホント、全然、痛くないのです。

オカメインコさんは優しい性格なのです。




・オカメインコさんの飼いやすさ。




わたしは、いままで、

歴代、ワンちゃん、ネコちゃん、インコちゃんと

家族になった経験があります。


それらを比較してもオカメインコさんは

何ら難しいことはありません。

ワンちゃん、ネコちゃんよりも

むしろオカメインコさんのお世話にほうが

楽だとわたしは思います。



当、ブログをご覧の方の中で、

セキセイインコさんを飼った事がある人は、

たくさんいらっしゃる思います。
オカメインコさんのお世話は

それと同等だと考えて良いと思います。



『オカメインコは可愛いなあ~』

といざ飼うとなると不安になるものです。


不安に思う・・・。

それだけあなたに責任感があるからだとわたしは思います。



あれこれ考えてしまうと、

まるでペンギンやオウムを飼うような

難しさに陥りやすいですが、

オカメインコさんは非常に飼いやすいインコさんだと言えます。


ひとつの命を預かる。

新しい家族を迎え入れるという強い気持ちがあれば、

飼いにくい動物などどこにもいないと思います。




・スリ餌から一人餌の切り替えは難しいの⁉

きなこはスリ餌をもらっている段階の雛の時にお迎えしました。

オカメインコさんは個体によっては、

スリ餌をスプーンであげても食べてくれない子もいます。


お迎えしてみたは良いが、

餌を食べてくれないとペットショップや

病院に駆け込む人もいると聞きます。

確かにセキセイインコさんと比較すれば、

オカメインコさんはスリ餌から一人餌への切り替えが難しいです。
あなたはそこにも不安と戸惑いがあると思います。


特にスリ餌を注射器で貰っている子は

いきなりスプーンであげても反応してくれません。


朝から何も食べてくれない・・・

これでは心配になります。


しかし丸一日ぐらい食べなくても問題はありません。

根気よく続ければ雛もお腹を空かせます。



インコ目線で言えばいきなり環境が変わるのです。

そして、本当に信頼できるかどうかもわかならい人の

元に連れ帰られたのです。


あなただっていきなり見知らぬ人に

『この飴あげるからこの場で食べて!!』

と言われても口にしませんよね?

まずは、コミュニケーション、信頼関係の構築です。


それでもご自分で一人餌への切り替えに自信がない飼い主さんは

お迎え先のペットショップにお願いして、

一人餌デビューするまで面倒を見てもらいましょう。

相談に乗ってくれるお店は多いと思います。

飼い主さんがご飯をあげないと懐かないのでは・・・

という不安もありますが、

答えはNO~

何の心配ありません。


一人餌デビューしてから自宅にお迎えしても普通に懐きます。


むしろ大事なのは、オカメインコさんが人馴れしているかどうかです。


ペットショップでも人懐っこいという事は、

あなたの自宅にお迎えしても数日もあれば懐きます。


※お迎え初日、こわばった表情を見せるきなこくん。





・オカメインコさんの性格。


まん丸おめめでほっぺのチークが愛らしい。

歩き方が滑稽でとてものろまです。


とにかくお茶目で、キュートで、ドジで、間抜けで、

とっても愛嬌があります。


とってもとっても甘えん坊さんなので、

癒されたい方は是非、是非、という感じです


また、感情を冠羽で表現するので、

その姿はとても可愛いらしいです。


冠羽を立てるので、攻撃性が強そうなイメージを

持たれる方もいるかもしれませんが、

優しくて穏やかな性格をしています。


インコは野生下では群れで生活するので、

あなたの家族の一員に溶け込むのに

そんなに時間は要りません。

ホント、人に懐きやすいインコさんですよ。

太鼓判を押します。


オカメは穏やかな性格。

初心者でも飼いやすいインコさんですよ。

・オカメインコさんの鳴き声。

中型インコに分類されているので、

鳴き声に心配の声を聞きます。


セキセイインコと比べると個体が大きいし、

鳴き声もうるさいのでは?

と思いがちです。。。。

でも言うほどうるさくないです。

一軒家なら騒音などを気にする必要がありませんが、

マンションやアパートなどの集合住宅で暮らす人は、

オカメインコさんが近所迷惑になるのではと、

心配だと思います。


オカメインコさんは確かに声は通ります。

文鳥さんやセキセイインコさんと比較すれば、

確かに鳴き声は大きいです。


普段からインコさんをスキンシップを図り、

コミュニケーションさえしっかりしていれば、

無駄鳴きする事はありません。




まあ、あくまでもわしの主観ですが、

鳴き声の度合いはセキセイインコさんに毛が生えたような程度です。
一言で表現すればよく通る声です。


夜になれば寝る訳ですし、朝だって、

起こすまでは大声で鳴いたりしません。



・オカメインコさんは寒さに強く丈夫なので飼いやすい。

飼いやすさは飼い主さんにとって心配のひとつです。


一見、ひ弱そうにも見えますが、

オカメインコさんは比較的丈夫なインコさん。


雛でお迎えしたときは、28度~32度に保ちます。

雛は自分で体温調節が出来ないのです。


オカメインコさんはは生後、半年から1年で成長になります。

歳を重ねていけば、保温も必要になりますが、

雛から2年目の冬からは保温不要です。

あくまでも健康な個体のインコさんに限りますが、

寒さに強くとても健康なインコさんです。




保温対策はもちろん北海道と沖縄では、

気温が違いますのでお住いの地域によるとは思います。




万が一に備えて、できれば一度、

病院で健康診断をしておくと良いかと思います。

なるべく鳥さん専門の病院がベターです。


いざという時に、かかりつけ医院で、

すんなりと診療を見てくれるかは、

ホントに大事な要素になります。




・オカメインコさんは遊び上手。

とにかく飽きさせません人間を・・・。

一日中、きなこが遊んでいる姿を見ていても飽きません。


何でも遊び道具にしてしまうオカメインコさん。

もちろん、一緒に遊んであげることが最適だと思いますが、

ひとり遊びも上手です。


好奇心旺盛な動物なので、

何でもかんでも触りたがります。

なので、キケンなものは排除する必要があります。


人の住む家にはキケンでいっぱいです。

放鳥の時は温かく見守ってあげて欲しいですね。

またオカメインコさんは、

あなたが一緒にいてあげることで、

あなたとオカメインコちゃんとの信頼関係は深まるばかりです。


オカメインコさんはとっても甘えん坊さんです。

頭やほおを撫で撫でされるのがとても大好き。


撫で撫でしてあげると気持ちよさそうな顔します。
とろーんとした顔されるとこちらが癒されてしまいます。


オカメインコさんのおもちゃは

ペットショップなどに売っています。

お気に入りのおもちゃで放鳥時に

思いっきり遊ばせてあげると良いでしょう。


但し、ゲージ内はおもちゃでうるさくしないほうが良いです。


・オカメパニック。

オカメインコさんはとても臆病で敏感なインコさんです。


オカメパニックと言って地震や大きな物音に驚いて、

羽根をバタバタさせて大暴れする事があります。


外の飛行機の陰に驚く個体もいるようです。


我が家では夜、寝る時、

完全に暗室状態にしていません。

若干の隙間から灯りが見えるようにしてあげています。



それでも夜、ゲージで暴れたりして、

おもちゃだらけのゲージ内で

暴れてぶつかり大怪我でもしたら一大事です。


ゲージはなるべくシンプルに・・・。


昔、ゲージ内にゴキブリが出現して

セキセイインコさんが泣き叫びパニック状態になった経験があります。


世の中、何が起きるか分かりません。

万全の対策をしたいですね。

以上、如何でしたか?

インコさんは二速歩行をすることができます。

それは人間と同じです。

右足を出して左足を出して、

トコトコトコと歩いている姿は、

オカメインコの可愛さがにじみ出ています。


インコは人に近い動物だと言われます。

挙げていったらキリがない程、

人間と鳥さんには共通点があります。

そこがまた魅了されるポイントなんですよね。

鳥と人間が似ているというお話しは

またの機会にお話しできればと思います。


オカメインコさん、欲しくなったでしょ?

続く。

 

あなたのブログ「1万PV」いかなければ全額返金保証

-きなこ日記
-, , , ,

Copyright© オカメインコ オレンジチークのきなこちゃん , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。