雛から育てるきなこの成長記録。

オカメインコ オレンジチークのきなこちゃん

きなこ日記

正しい夏の日光浴方法 紫外線を浴びて健康になろう!【きなこ日記】

投稿日:

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

正しい真夏の日光浴方法【きなこ日記】

日光浴は健康インコのつくります。
私たち人間は、ほほ毎日の生活のシーンで、
どこかで太陽の紫外線を浴びています。
私たちが健康でいられるのは、
太陽の光を浴びているからなのです。
それはインコも同じです。
どこの誰ですか?
いつも日の当たらない暗い場所で過ごしている人は・・・。
こんにちはきなこのお父さんです。

 

まず初めに、日光浴のメリットについて考えてみたいと思います。
・日光浴のメリット
新陳代謝が良くなる。
発情抑制。
自律神経のバランス調整。
紫外線を浴びる事てホルモンバランスが整います。
インコに必要なカルシウムを吸収を手助けしてくれる
ビタミンD3が生成される事でセロトニンやエストロゲンが出ます。
これによってホルモンのバランスが整うのです。
・日光浴時間はどのぐらい必要なの?
1日の目安は約30分。
時間がない時は最低15分は日光浴をさせてあげたいです。
日光浴の時間が短いと紫外線から受けるメリットが得られない可能性があります。
しかし、直射日光はキケンです。
真夏の太陽と真冬の太陽では強さが違います。
直接、インコちゃんに太陽の光線を当てると
暑さで体調を崩してしまいます。
炎天下に日光浴をすればインコちゃんだって熱中症を起こします。
特に真夏の日は、日差しの強い11時〜14時は避けましょう。
そして、なるべく朝の涼しい時間などに
日光浴を済ませるようにしましょう。
また、日光浴中なケージの半分を日陰にするなどの工夫が必要です。
インコ自身が暑さから逃げられるようにしてあげるのです。
あなたも海に行ったら、長時間、日光浴したら、
時折、ビーチパラソルの下で涼みたいでしょ?
・うちの子は窓辺で日光浴をしています。
窓越しに日光浴をしても、 紫外線がカットされてしまいます。
ほとんどの家庭にあるサッシ窓は、 UVカット機能があります。
なので、インコちゃんをケージに入れて、
外に出すのが好ましいです。
・外敵に注意する。
外にケージを出すにはリスクがあります。
絶対に目を離さないでそばに居て愛鳥を見守りましょう。
あなたがは愛鳥のパトロール隊なのです。
猫カラスやなどの外敵はいないか?
突風などケージに危害のある条件でないか?
ケージの扉の開閉口がキチンと閉まっているのか?
絶対にインコから目を離してはいけません。
またとないせっかくの時間です。
まったりとコーヒーでも飲みながら、
たまにはインコちゃんとゆっくり会話するのも
良いのではないでしょうか?
以上、如何でしたか?
真夏でも日光浴をする事は、
インコちゃんの健康な身体づくりに役に立ちます。
たまの休日、ほんの少しの時間で良いので、
愛鳥の為の時間を割いてみませんか?
続く
きなこが日光浴する姿を動画に収めました。
       ↓ ↓

-きなこ日記
-, ,

Copyright© オカメインコ オレンジチークのきなこちゃん , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。