インコの育て方をHOW TO BIRDします

オカメインコ オレンジチークのきなこちゃん【きなこのお父さんのHOW TO BIRD】

きなこ日記【きなこのお父さんのHOW TO BIRD】

雛は親がいないと生きていけない!~初めてインコを飼う方へお迎えの心構えと覚悟【きなこ日記】

更新日:

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

 

雛は親がいないと生きていけない!

 

人間の赤ちゃんは無防備です。

親がいなければとても一人では生きていけません。

それはインコの雛も同じなのです。

 

こんにちは、きなこのおとうさんです。

人間の赤ちゃんは、

お母さんがミルクを与えて育てます。

 

時には、お父さんもオムツ替えなどの協力をします。

両親が共に協力すれば子が健やかに成長します。

それは鳥類も同じです。

インコの世界では両親共に子育てに協力します。

雛に食事を与え、保温に努めます。

 

周辺の安全にも気を配りながら、

必死に雛を守ります。

雛が自立するまで面倒をみるのです。

 

・親の役目はミルクを与えるだけじゃありません。

親鳥は雛に餌を与えながら、

生きる術を教えます。

雛は親からたくさんのルールを学びます。

 

子育ては餌を与えるだけではありません。

これから成鳥となる我が子に、

生きるすべを教育するのです。

 

子孫繁栄というのは・・・

人間も鳥類にも、深くその遺伝子に刻まれています。

 

代々、命のリレーを繋ぐ。

 

どんな親にも、

尊い命を大切にする気持ちがあるのです。

 

鳥類は命がけで子育てをする。

世の中でいちばん大切なものは自分の命です。

その次に大切なものは他人の命です。

 

その大切な命を・・・

人間たちは、おろそかにしています。

 

動物達はきっと・・・

おろかな人間達に、

命の尊さを教えてくれているのです。

 

我が子はお腹を空かせていれば・・・

この子を守り、大事に育てなければと思う。

親が命がけで子育てをします。

 

爬虫類などは子供が産まれたらあとは放りっぱなし。

それでも子は育ちますが、

わたしたち哺乳類も鳥類もそうはいきません。

あなたがいなければ雛は生きていけないのです。

インコの雛をお迎えしたら、

あなたは雛を育てる義務があるのです。

 

お迎えする決意と共に、

本当の親になる覚悟が必要なのです。

 

育児は負担も大きいです。

手間もかかる。

肉体的にも精神的にも負担があります。

 

しかし、雛はそれ以上の喜びや感動を親に与えてくれます。

 

時には、育児放棄したくなるかもしれません。

 

それでも・・・

雛にはあなたしかいないのです。

 

あなたには、雛を全力で守り抜く覚悟はできていますか?

続く

今回のタイトルでYOUTUBE動画を作りました。

雛の頃のきなこが出演していますので、

ご覧になってみてください。

 

 

 

-きなこ日記【きなこのお父さんのHOW TO BIRD】
-, , , ,

Copyright© オカメインコ オレンジチークのきなこちゃん【きなこのお父さんのHOW TO BIRD】 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。