インコの育て方をHOW TO BIRDします

オカメインコ オレンジチークのきなこちゃん【きなこのお父さんのHOW TO BIRD】

きなこ日記【きなこのお父さんのHOW TO BIRD】

インコに湿度管理は必要か!?【きなこ日記】

投稿日:

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。


created by Rinker
パピエC
¥2,980 (2022/11/28 23:54:29時点 Amazon調べ-詳細)

インコやオウムの原産地は、

そのほとんどが海外出身です。

 

オカメインコやセキセイインコ、

モモイロインコはオーストラリア出身。

 

コザクラインコ、ボタンインコ、ヨウムが

アフリカが原産国。

 

サザナミ、ウロコやマメリルハは

南米生まれです。

 

そしてシロハラはブラジルと・・・

 

世界中のインコやオウムが

日本でコンパニオンバードとして育てられています。

 

そして、多くのコンパニオンバードは、

比較的、暑さに強いのですが寒さには弱いんです。

 

暑さに強く、寒さに弱い

 

近年の日本の真夏は酷暑です。

インコも熱中症になる時代です。

【過去記事】インコの熱中症!その症状と対策、そして応急処置 【きなこ日記】

 

暑い、寒いというと温度管理に目が行きがちですが・・・

本当は湿度コントロールも大切なんです。

 

冬に寒くて羽を膨らましたり・・・

夏にワキワキポーズをして羽を広げたり・・・

 

あんよが急に足が冷たくなるなどなど・・・

 

季節に合わせた温度調整も大事ですが、

湿度も要チェックなんです。

 

インコ理想の湿度は50〜60%。

 

冬にヒーターで部屋を暖めていても、

極端に湿度が低すぎても高すぎても

体調を崩す原因にもなります。

 

もちろん夏にも同じ事が言えます。

 

 

・梅雨の湿度管理

日本列島はこれから梅雨入りの季節です。

 

ここ東京の今年の梅雨入り予想は6月初旬。

 

そろそろ、本格的に梅雨入りします。

特に6月は雨が多い季節です。

 

季節の変わり目はインコも体調を崩しやすいです。

梅雨に換羽を迎える子もいます。

 

換羽とはインコにとって命懸けのイベントです。

わたしたちが想像する以上に体力を使います。

免疫力が低下するので体調管理には気を配ります。

 

【過去記事】秋は換羽で古い羽根が抜けて新しい羽に生え変わる季節です。【きなこ日記】

 

梅雨時期はジメジメとした嫌な暑さです。

 

私たち人間でも薄着をしていても

湿度が高いと結構、暑く感じます。

 

インコはオウムは全身、羽毛で覆われています。

人間とは違いのです。

 

これからの季節は、

気温が高い上に湿度がグングン上昇すると、

インコがくちばしを開けて、

はーはーって暑そうな仕草をします。

 

そんな時は・・・

 

こりゃ、マズいと愛鳥を労わって下さい。

何かあってからでは遅いのです。

 

あなたのお宅は湿度管理していますか?

 

今回のテーマで動画も作りました。

created by Rinker
三英貿易(Sanei Boeki)
¥466 (2022/11/28 19:45:01時点 Amazon調べ-詳細)

-きなこ日記【きなこのお父さんのHOW TO BIRD】
-, , , , ,

Copyright© オカメインコ オレンジチークのきなこちゃん【きなこのお父さんのHOW TO BIRD】 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。