インコの育て方をHOW TO BIRDします

オカメインコ オレンジチークのきなこちゃん【きなこのお父さんのHOW TO BIRD】

きなこ日記【きなこのお父さんのHOW TO BIRD】

愛鳥の冬の温もりは健康の証です!?-インコの体温-【きなこの日記】

更新日:

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。


・インコの体温が高い理由とは!?

冬になると愛鳥の温もりを感じますね。

インコやオウムを手に乗せると足から伝わる小さな温もり。


じわ〜っと温かい体温。

インコやオウムの平熱は40〜42℃もあります。



こんにちはきなこのお父さんです。



・体温が高い理由はいつでも飛翔す為。

わたしの平熱は36.2ぐらいかな・・・。

オカメインコのきなこやキンカチョウのおもちは軽く40℃を超えます。

インコやオウムの体温が高いのはいつでもすぐに飛翔する為です。

常に体温を高く保ち、アイドリングをかけているのです。



だから鳥類の体内では常にエネルギーを燃やす必要があるのです。




・インコは常にエネルギーを燃やしている!?


エネルギー代謝を維持するには食べるという行為があります。

わたしたち人間はせいぜい朝、昼、晩の食事ですがインコはそうもいきません。

こまめに食べては燃やしを繰り返してエネルギーを燃やし続けているのです。

飛翔とはそれだけ高いエネルギーが必要だという事なんです。


そりゃそうですよね。


ジャンボジェット機をハワイに飛ばすと燃料はドラム缶で400〜600本必要ですからね。




鳥は空を飛ぶ事に特化した動物。

食べなければ体温は低下します。

当然、エネルギーは不足してしまいます。


こまめに食べて燃やす。

これは言いかえれば、健康インコの証だと言えるのです。



以上、愛鳥の冬の温もりは健康の証!?でした。



さあ、秋も深まり、10月も終わろうとしております。

そろそろ冬支度の準備ですね。

寒くなると愛鳥に寄り添われたその温もりに癒されるんだなあ〜。

もしもビックライトがあったら、きなこを60cmぐらいにして一緒に布団で寝てみたいなあ〜。



あなたが愛鳥の温もりを感じる瞬間はありますか?


今回も同じテーマで動画を作りました。



-きなこ日記【きなこのお父さんのHOW TO BIRD】
-, ,

Copyright© オカメインコ オレンジチークのきなこちゃん【きなこのお父さんのHOW TO BIRD】 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。