雛から育てるきなこの成長記録。

オカメインコ オレンジチークのきなこちゃん

未分類

冬の保温管理!セキセイとオカメの生息地はオーストラリアですcockatiel【きなこ日記】

投稿日:

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

 

オカメとセキセイインコの冬の保温について

オーストラリア内陸部出身のオカメインコ。

他にセキセイインコも同州出身です。

生息地であるオーストラリアは

熱帯のイメージもありますが、

実は、夏は暑く冬が寒いです。

・冬の寒さに強い個体。

オカメとセキセイは

寒さに強く健康で丈夫な個体が多いのです。

寒さや環境変化に強く日本の環境が合う個体です。

・生息地はオーストラリアの砂漠地帯の現実

オカメとセキセイは日本の鳥ではありません。

オーストラリア内陸部の砂漠地帯に生息しています。

近年、日本の夏の酷暑です。

毎年、35℃を超える灼熱の夏です。

生息地のオーストラリア内陸部は砂漠地帯です。

夏の最高気温は35℃を越えます。

日本とオーストラリアでは、

いま、丁度、真逆の季節ですね。

オーストラリアでは冬が6月頃~9月の時期になります。

冬は5℃以下になる日もあります。

湿度に関しては、

年間を通してみると日本の気候と比べるとやや低めで、

平均湿度は20.30%ぐらいです。

オーストラリアの砂漠地帯は天候が不安定です。

何か月も雨が降り続くこともあれば、

何年も雨が降らない事もあります。

とても過酷な気象条件に生息しているのです。

オカメとセキセイはサバイバル能力が高く、

強い生命力がある動物だと感じます。

日本で繁殖されたきた個体だと、

日本の環境に慣れている個体もいます。

日本には四季があります。

1年の季節の移り変わりが激しい日本。

寒さに強いと言われますが、

日本の四季の寒暖差は厳しいと感じます。

きなこのお父さんの主観になりますが、

冬の保温はある程度は必要だと考えるのです。

一冬を越した個体であれば、

日本の冬でも保温は不要と言われます。

ただし、あくまでも健康な個体に限ります。

ちなみにきなこの冬はヒーターなしです。

秋になると止まり木ヒーターを使用し始めます。

さらにトップシーズンともなれば、

東京も氷点下0度になります。

真冬はケージの下に電気カーペットを敷きます。

保温しすぎると寒さに弱くなります。

一年中、発情する子の場合、

過保護な保温に問題があるかもしれません。

これが、お父さん流の冬の保温です。

温め過ぎず寒すぎずを考えた末の策です。

-未分類

Copyright© オカメインコ オレンジチークのきなこちゃん , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。